Gifcurry - 簡単操作で動画をGIFアニメに変換

動画ファイルをGIFアニメに変換しテキストも追加できる

Gifcurryとは、Haskell(ハスケル)というプログラミング言語で開発された、動画からGIFアニメを作成する実行ファイル形式のアプリです。

Gifcurry Ubuntu 動画 GIFアニメ 変換

GitHub - Gifcurry https://github.com/lettier/gifcurry/

Ubuntu 16.04 (GNOME 3.20) - Gifcurry GIFアニメ変換
バージョンインストール方法起動方法
Gifcurry 2.1.0.0GitHubのリリースページから「gifcurry-linux-2.1.0.0.tar.gz (36MB)」をダウンロードして解凍する「gifcurry_gui」実行ファイルをダブルクリックして起動する

一つの画面から動画の開始位置や長さを指定するだけで、すぐにGIFアニメに変換できるのが、Gifcurryです。

他にもGIFアニメのサイズや品質などを自由に指定でき、上部と下部にテキストを追加することもできます。

また、最初と最後の画像を表示するフレームプレビュー機能付きなので、動画のフレームを確認しながら簡単にGIFアニメを作成することができます。

Gifcurryの使い方

Gifcurryは実行ファイル形式のアプリです。解凍フォルダの「/bin」フォルダ内にある「gifcurry_gui」ファイルをダブルクリックして起動しましょう。

Gifcurry Ubuntu 動画 GIFアニメ 変換 オプション

動画ファイルをGIFアニメに変換するには、追加テキスト以外のオプションはすべて入力する必要があります。

例えば、ファイル名の入力を忘れると、GIFアニメが生成されず、フレーム分のpng画像ができてしまうので注意してください。

Gifcurry Ubuntu 動画 GIFアニメ 作成

まず、一番上のオプションの右側にあるアイコンから、GIFアニメに変換する動画ファイルを選びます。

その下の「Start Time (seconds)」に、動画の開始時間(秒)を入力すると、「FIRST FRAME」にプレビュー画像が表示されます。

同様に「Duration (seconds)」に長さ(秒)を入力すると、「LAST FRAME」が表示されるので、GIFアニメの開始と終了の位置を確認しましょう。

続いて、動画の横サイズ(ピクセル)、画質(%)、フォントの種類を設定します。

また、GIFアニメにテキストを挿入したいときは、「Optional top / bottom text」に入力しておきましょう。

最後に、GIFアニメの保存先フォルダとファイル名を入力したら、「Create」ボタンで変換を開始しましょう。

変換中は、ステータスバーに「One GIF comming up!」と表示されます。変換が完了すると「Ready.」に変わり、自動的にGIFアニメが再生されます。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 18.04で重複ファイルを検索して削除する方法(FSlintとfdupes) Apr 20, 2019

Ubuntu 18.04の隠れた自動起動するアプリケーションをすべて表示する方法 Apr 13, 2019

Ubuntu 19.04は新機能にカーネル5.0やGNOME 3.32を搭載してリリース Apr 05, 2019

Electric Funeral - メタルっぽい雰囲気で統一されたアイコンテーマ Mar 30, 2019

Elements - 元素の分類がパステルカラーで色分けされた周期表アプリ Mar 23, 2019

Ubuntu 18.04 拡張機能なしでmacOSのような中央寄せのドックに変更する Mar 16, 2019