Status Area Horizontal Spacing - トップバーのアイコン間隔を自由に調整するGNOME拡張機能

システムステータスエリアや拡張機能のアイコンをコンパクトに表示

Status Area Horizontal Spacingとは、GNOMEのトップバーに表示されるアイコンの間隔を調整するための拡張機能です。

Status Area Horizontal Spacing Ubuntu GNOME拡張機能 トップバー アイコン間隔

Status Area Horizontal Spacing - GNOME Shell Extensions https://extensions.gnome.org/extension/355/status-area-horizontal-spacing/

Ubuntu 16.04 (GNOME 3.20) - Status Area Horizontal Spacing GNOME拡張機能
バージョンインストール方法起動方法
Status Area Horizontal SpacingGNOME Shell Extensionsのページにあるスイッチを「ON」にしてインストールGNOME Tweak Toolの拡張機能から「Status Area Horizontal Spacing」を有効にする

GNOME Shellのトップバー右側には、システムステータスエリア(ネットワーク、ボリューム、バッテリー)と、有効な拡張機能のアイコンが表示されます。

これらのアイコン間隔は、適用しているGNOME Shellテーマによって変わりますが、デフォルトテーマのようにアイコン間隔が広いテーマでは、たくさんの拡張機能を有効にしていると、すぐにアイコンがトップバーの中央付近まできてしまいます。

Status Area Horizontal Spacing GNOME拡張機能をインストールすれば、アイコン間隔を半分まで狭めることができるので、より多くのアイコンをコンパクトに表示できるようになります。

オプションでトップバーのアイコン間隔を調整する

Status Area Horizontal Spacing GNOME拡張機能をインストールして有効にすると、すぐにトップバーのアイコン間隔が狭くなります。

アイコン間隔を好みに調整したいときは、GNOME Tweak Toolの拡張機能からオプションを開きましょう。

Status Area Horizontal Spacing Ubuntu GNOME拡張機能 トップバー アイコン間隔 オプション

オプションには、「Horizontal Padding」を調整するスライダーが1つあるだけです。

デフォルトの値は「6」で、最大値は「12」になるので、その間で好みの間隔に調整してみましょう。

なお、GNOMEトップバーのアイコン間隔は、最低でも6pxが推奨されるため、それよりも低い値には調整できないようになっています。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Cumulus Qt - 情報量が豊富で美しい外観の天気アプリ Jan 12, 2020

Alarm Cron - 複数のアラーム・タイマー・ストップウォッチをまとめて管理できる Dec 28, 2019

galculator - 用途に合わせて3つのモードを切り替えて使う電卓 Dec 21, 2019

CALIGATOR - 計算式をタイプして使う電卓アプリ Dec 07, 2019

CRUSHED - 単色グラデーションが美しい4色バリエーションのアイコンテーマ Nov 30, 2019

nmcliコマンドで端末に利用可能なWiFiネットワーク一覧を表示する Nov 23, 2019