Ubuntu 17.10に追加したいおすすめのGNOME拡張機能7つ

1. Removable Drive Menu

Ubuntu 17.10 (GNOME 3.26)に追加したい、おすすめのGNOME拡張機能を7つ紹介します。

なお、Ubuntu 17.10にGNOME拡張機能をインストールする方法については、以下の記事を参照してください。

Ubuntu 17.10にGNOME拡張機能をインストールする方法

まずは、Ubuntu 17.10で外付けハードディスクを使っているときにおすすめなのが、Removable Drive Menu GNOME拡張機能です。

Removable Drive Menu GNOME拡張機能 Ubuntu 17.10 ドライブ アンマウント

Removable Drive Menu - GNOME Shell Extensions https://extensions.gnome.org/extension/7/removable-drive-menu/

インストールすると、トップバーにマウントしているデバイスやパーティション一覧が表示されます。

リストからデバイス名の選択でファイルマネージャで開く、矢印アイコンをクリックでアンマウントできます。

2. Trash

Ubuntu 17.10からはデスクトップにゴミ箱アイコンが表示されるようになりましたが、トップバーからゴミ箱を操作したいときにおすすめなのが、Trash GNOME拡張機能です。

Trash GNOME拡張機能 Ubuntu 17.10 ゴミ箱

Trash - GNOME Shell Extensions https://extensions.gnome.org/extension/48/trash/

ゴミ箱を空にする、ゴミ箱フォルダを開く、ゴミ箱の中身をプレビューするといった操作ができ、また、ゴミ箱が空のときは自動的にアイコンが非表示になるので、ゴミ箱にファイルが入っているかどうかすぐにわかります。

3. Better Volume Indicator

サウンドのミュート切り替えがワンクリックでできるのが、Better Volume Indicator GNOME拡張機能です。

Better Volume Indicator GNOME拡張機能 Ubuntu 17.10 ミュート ボリューム調整

Better Volume Indicator - GNOME Shell Extensions https://extensions.gnome.org/extension/759/better-volume-indicator/

システムステータスエリアのボリュームインジケーターをマウスの中ボタンでクリックすればミュート、インジケーター上でホイールを回せばボリューム調整ができます。

4. Datetime Format

トップバーに曜日ではなく日付を表示したいときにおすすめなのが、Datetime Format GNOME拡張機能です。

Datetime Format GNOME拡張機能 Ubuntu 17.10 日付を表示

Datetime Format - GNOME Shell Extensions https://extensions.gnome.org/extension/1173/datetime-format/

オプションで、メニュー内の日付や曜日、トップバーの表示形式を自由に設定できます。

例えば、トップバーに日付だけを表示したいときは、「ステータスバー」のフォーマットに「%x」と入力しましょう。

タイトルバーの「✓」アイコンをクリックすると、変更が適用されます。

5. Simple net speed

常にインターネット速度を監視したいときにおすすめなのが、Simple net speed GNOME拡張機能です。

Simple net speed GNOME拡張機能 Ubuntu 17.10 インターネット速度

Simple net speed - GNOME Shell Extensions https://extensions.gnome.org/extension/1085/simple-net-speed/

マウスでクリックするだけで、トータルの速度、ダウンロード/アップロードの速度、ダウンロードの総容量を、「bits per second」と「Bytes per second」の単位で切り替えて表示します。

また、マウスの中ボタンクリックで、フォントの大きさも調整できます。

6. Status Area Horizontal Spacing

トップバーのアイコン間隔を狭くしたいときにおすすめなのが、Status Area Horizontal Spacing GNOME拡張機能です。

Status Area Horizontal Spacing GNOME拡張機能 Ubuntu 17.10 アイコン間隔を調整

Status Area Horizontal Spacing - GNOME Shell Extensions https://extensions.gnome.org/extension/355/status-area-horizontal-spacing/

適用しているGNOME Shellテーマに関係なく、トップバーのアイコン間隔をピクセル単位(最低は6px)で調整できるので、より多くのアイコンを表示できます。

7. User Themes

最後はこちら、GNOME Shellテーマを有効にする、User Themesです。

User Themes GNOME拡張機能 Ubuntu 17.10 テーマの変更

User Themes - GNOME Shell Extensions https://extensions.gnome.org/extension/19/user-themes/

GNOME TweaksでGNOME Shellテーマを変更するために必要な拡張機能で、 Ubuntu 17.10でいろいろなテーマを楽しむためには必須になります。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

stretchly - 定期的に休憩時間を知らせてくれるリマインダーアプリ Dec 15, 2018

Ubuntu 18.04でmacOS Mojave風のライトモード/ダークモードの両方が使えるテーマ Dec 12, 2018

Padlock - スカイブルーが美しいシンプルなパスワード管理アプリ Dec 07, 2018

Dusk Player - アルバムフォルダを選んで再生するシンプル音楽プレイヤー Dec 01, 2018

StatusPilatus - 情報量が豊富なレスポンシブデザインのシステムモニタ Nov 25, 2018

JGalaxian - ギャラクシアンそっくりのクローンゲーム Nov 21, 2018

Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com